読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継承日本語教育 その他

オーストラリアで 子どもたちの継承語としての日本語教育に携わっています。 「寺子屋・勉強会」のことや、教育法、授業のしかた、教え方など、成功より失敗のほうが多いかもしれませんがつづっていこうと思っています。 私自身の日本語維持にもなるとよいです。

くれよんしんちゃん

日本で買ってきた「くれよんしんちゃんの、まんが漢字の使い分けブック」というのを 子供たちの本棚に入れておいたのですが、変な言葉を覚えてしまったようです。びっくりしました。以前 こちらでのママ友の先輩に、あのアニメは子供が真似て変なことをするから…と、聞いたことがありましたけれど。 これはちょっと 失敗でした。

 

漢字の使い分けに関して学べたのかは不明です。

 

英語の本で言うと、Diary of a wimpy kidみたいなものでしょうか。。。でもちょっと違う。。。いや、かなり違う。。。Captain Underpantsのシリーズみたいなものかもしれません。それもちょっと違うけど。。。 

 

ダイアリーの方は、実写版映画は観ましたが、下の子が本の中に出てくるような調子で作文をするようになってしまったので本は今は読ませていません(あの子は影響を受けやすいんですね)。キャプテンやOok & Glukの本は、子供たちへのプレゼントに頂いたことがありますが、文法とスペルが滅茶苦茶なのでそこから変な英語の文法とスペルを学んでしまう可能性があり、個人的にはお勧めできません。